Raspbian Jessie with PIXEL に xrdp で接続できない時の対処方法

この記事は最終更新日から 1 年以上が経過しています

Windows から Raspbian に リモートデスクトップ接続をしようと思い、xrdp をインストールした。が、エラーになる。どうやら標準インストールされている RealVNC と競合してしまうようだ。

環境

エラーが出る

sudo apt-get install xrdp するとエラーメッセージが出る。この状態でも Windows から接続はできるが、そこでもエラーが出て Raspbian 側のデスクトップ画面は表示されない。原因は RealVNC がインストールされているからとのこと。

対処方法 A

RealVNC を削除して xrdp を入れ直す。

sudo apt-get purge realvnc-vnc-server
sudo apt-get remove xrdp
sudo apt-get install xrdp

今度はエラーは出ず xrdp のインストールが完了した。これでリモートデスクトップ接続が可能になる。

RealVNC の削除後、メニュー > 設定 > Raspberry Pi の設定 → インターフェイス タブの VNC の項目はグレーアウトする。

対処方法 B

RealVNC は vnc4server と tightvncserver のカスタム版を必要としているため、いずれかを改めてインストールすることで動かなくなるようだ。

sudo apt-get install tightvncserver

これで Windows 側から問題なくリモート接続ができるようになった。vnc4server の方は試していないが同じ振る舞いをすると思う。

参考

メモ

というわけで無事接続できたのだったが、リモート側のマウスポインタ―が×印になっていて使いにくい……。追記 : 以下の方法で普通の矢印になった。