Raspbian に xrdp でリモート接続時にポインターが「×」になる問題の対処方法

この記事は最終更新日から 1 年以上が経過しています

Raspbian Jessie with PIXEL にプリインストールされている RealVNC を無効にすることで、Windows から xrdp でリモートデスクトップ接続することができた。

しかしこの時、リモート側のマウスポインターが×印になってしまう。これは不便なので以下のように修正する。

ホームディレクトリに .xsessionrc というファイルを新規作成。

nano .xsessionrc

次の内容を書き込んで保存。

xsetroot -cursor_name left_ptr&

アクセス権を与える。

chmod +x .xsessionrc 

再起動して適用する。xrdp で接続すると矢印のポインターになる。

参考