Ubuntu Mate 16.04 でフォルダ名を英語化したら Blueman のパスも修正する

この記事は最終更新日から 1 年以上が経過しています

Ubuntu Mate 16.04.2 LTS のインストール直後、日本語フォルダ名を次のコマンドで英語に変更した。

env LANGUAGE=C LC_MESSAGES=C xdg-user-dirs-gtk-update

ログインし直すと適用される。……が、

Configured directory for incoming files does not exist
Please make sure that directory "/home/[username]/ダウンロード" exists or configure it with blueman-services

というダイアログが出るようになった。警告は自動起動している Blueman から。英語化したことでパスが通らなくなった模様。

対処方法

以下のどの方法でも対処できる。

今回は dconfエディターを使ってパスを修正した。そもそも Bluetooth を使う予定がないマシンなので、自動起動するプログラムから Bluemanアプレット除外で事足りたかもしれない。

参考