Simple VR Video Player で動画が再生できない時はコーデックの設定を確認する

HTC Vive での VR 動画用に Simple VR Video Player を Steam で購入したのだが、h.265 (HEVC) をはじめ、いくつかのファイルで映像が流れない。

普段使用しているプレイヤーだと問題ない……といったケースでの数多の例に漏れず、このような VR プレイヤーでも、アプリケーションのコーデック設定を確認する必要がある。

  1. メニューから Options (歯車アイコン) を選択しパネルを表示
  2. 逆三角形の部分を押下して Super Advanced Settings パネルを表示
  3. Video Decoding Engine を任意のものに変更

今回は DirectShow に変更した。これで HEVC 動画も問題なく再生できるようになった。

コーデックの設定はどこから?

壁紙をデフォルトのままで使用していると、Super Advanced Settings パネルを引き出す三角形を見落としやすい。だが注視すれば、Options パネル下部に浮かぶその図形を発見できるはずだ。

Options パネルとその下部に浮かぶ三角形
背景に溶け込んで見えにくい三角形 (矢印の先)

参考